その1「まめぞう、カウンセリングに行く②」


もう10年以上前。初めてカウンセリングを受けました。

自分の思考パターンやライフスタイルを何とかしたかったから。

「もういやだ。変わりたい!」と思ったから・・・。

けれど、カウンセリングを始めてからも大変でした。ほんの些細なことでココロが痛んで落ち込んだり、感情のコントロールが難しくなったりと、本当に切ない日々が続き、いっぱいいっぱい泣いて、ここからぬけ出すことができるのか、と半信半疑にもなりました。

でもその中で、ココロを大切にしてあげることを学び、ココロに本当の休みを得ることができました。今は、大きな安心の中で過ごしています(毎日いろいろありますが、どう対処したらいのか分かるようになったのは大きな財産です)。ここまで来るのに長い長~い長~~い時間がかかりましたが、確実に言えるのは、

つらかったこと

ココロがとても痛んだこと

「(私の人生に)これさえなければ!」とずっと思ってきたこと・・・

そのすべてには、隠された大きな意味があり(その時には分からないことが多いのだけど)、そこを通らなければ得られないものがあること。

理屈ではなく、ココロからそう思えるようになりました。本当の「ココロの休息」を知らなかったら、こう思うことは一生なかっただろうなと思います。よかった。

#インテグレーションカウンセリングココロ休息隠された意味

特集記事
最新記事
アーカイブ

INTEGRATION COUNSELING ASSOCIATION

© 2020 I.C.A.